teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


賛否両論

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 8月 6日(火)00時24分59秒
編集済
  「天気の子」について、あの有名作家・冲方丁先生が思うところを書かれていますね。

 いろいろエクスキューズを書かれていますけど、要するに「俺だったらもっと面白い
話にできたぜ、フフーン」ですよね。それ以外にこういうことを書いてネットに
公開する理由ありませんものね。

 冲方案を拝読して、「確かに」と思うところは多々ありました。拳銃や手錠の扱いは
肩透かしでしたよね。

「晴れ女」と「雨男」の対比はお見事だと思いました。それであれば、自分も映画を
見ていて思った、リスクとリターンのバランスの悪さが解消します。

 それでも、冲方案にならなくて、たぶん映画としては正解だったと思っています。

 納得いかないところがあっても、多少モヤモヤしても、最後、「よかったね、
ヒナちゃん」で終われることが大事だったと思います。冲方案だったら、最後の
5分くらい、かなりしんどくなったはず。ヒナちゃんが色々な問題を胸に刻みながら
贖罪の行脚をしなくちゃならなくなったはずだから。(そうしないと、最後、
雨男になった穂高くんを救済できない)

 そういうのは、いいんです。観たくないんです。

 だから、奇妙に無責任で、映像的な美しさだけを求めたあのラストで、
映画としては正解です。

http://towubukata.blogspot.com/2019/07/blog-post.html

 
 

天気の子

 投稿者:如月六日  投稿日:2019年 8月 4日(日)18時08分19秒
   ヒロインが年下だったのにはがっかりです。
 あれで興ざめしましたね。
 美術、映像は美しい。
 ただ、それほどとがったところはなかった感じ。
 キャラも君の名ほどには感情移入できなかった。

 そういや、君の名主人公が出てましたね。
 あれは別の世界線なのかな。
 

情けは人のためならず

 投稿者:如月六日  投稿日:2019年 8月 2日(金)21時01分15秒
   朝鮮人の為を思えばこそ、ここは厳しく(というか普通に)当たるべきでしょう。
 そのことがやがて、日本人にとっての楽しい未来に繋がります。

 京都アニメ、武本監督だめしたね。
 フルメタもメイドラゴンも、もう続きはないか。

 
 

ホワイト国除外なるか

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 8月 1日(木)22時53分18秒
編集済
   ホワイト国=日本にとっての「友好国」ということからすれば、国を挙げて反日を叫ぶ
某国が対象外であることは常識以前のこと。

 8/2にそれが実施されれば、某国との関係は新しい段階に入ります。

 剣道、茶道、その他の起源捏造、日韓共催ワールドカップ、そのあたりから「何か
こいつら変だよな」と思い始めて、かなりの年月が経ちました。その間には空前の
韓流ブームも経ながら、ようやく、両国が同じ目線で互いを見つめる時が来たのです。

 望むらくは、政府には粛々と取るべき対応を取っていただきたい。

 両国民の未来のために。
 

163キロ右腕の決勝登板回避

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 7月28日(日)13時11分1秒
編集済
   大船渡の佐々木投手を決勝戦で起用しなかったことについて、いろいろな意見がありますが、
選手の将来を考えた監督の英断とする意見が大勢を占めているように思えます。でも、
自分には違和感があります。

 この監督さんは、4回戦で、延長12回、190球以上、佐々木投手に投げさせています。
 これは尋常な球数ではありません。この時は、「選手の将来」よりも「勝利」に重きを
置いていたのです。

 そして、決勝戦の前日、準決勝では、佐々木投手は129球で完封勝ちをおさめています。

 この試合では序盤から大船渡が得点を重ね、3回裏時点で4点もリードしていました。
 決勝戦のことを考えれば、5回くらいで継投に入ってもよかったんじゃないでしょうか。

 実際、大船渡には、佐々木投手以外にも力のある投手がいて、それまでも継投で勝って
きている実績があるのですから。

 それでも佐々木投手を完投させたのは、その時点で決勝で佐々木を使う意志がゼロ
だったんでしょうね。

 決勝では、予選で好投してきた投手たちは使わず、予選初登板の投手を先発させて
います。そして、序盤から大量失点。
 佐々木選手は代打での出場もなく、最後の夏を終わらせてしまいました。

「勝ち」に執念を見せて、190球以上投げさせた監督と、決勝戦を事実上の捨て試合にした
監督が同一人物である、ことに違和感を禁じ得ません。

 それよりもなによりも、選手たち自身が完全燃焼できなかったのではないかと思います。
「甲子園」は彼らにとっては夢だったと思うのです。それも一生に一度の大きな夢だった
筈です。その夢が叶うまであと一勝まで迫っていたというのに……。

 佐々木投手が投げていれば決勝で絶対に勝てた、とは言えません。

 ですが、それが大船渡というチームのベストの陣容だったはずです。
 ベストを尽くしての負けならばあきらめもつくでしょう。ですが、大船渡の
選手たちは、それさえ許されなかった。

 選手の将来を考えて使わなかった――という言葉は美しいかもしれません。
 佐々木投手が将来、素晴らしいプロ野球選手になった時、この監督の判断は
「英断」として褒めそやされることでしょう。

 でも、選手たちにベストを尽くすことを許さず、不完全燃焼で終わらせたのも
この監督です。

 決勝に佐々木選手を投げさせることができなかったのは、純粋に「監督の選手起用の
失敗」だったと思っています。

 いずれにせよ、昭和の怪物・江川卓、平成の怪物・松坂大輔に肩を並べる可能性の
あった、令和の怪物候補・佐々木朗希を甲子園大会で見ることはできなくなりました。






https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190722-OYT1T50374/

 

チョッパリ市民も心の傷を負っております

 投稿者:如月六日  投稿日:2019年 7月26日(金)01時48分4秒
   わざわざ補助金まで出して、南鮮様の飛車が来てくださったのに。
 おのれ、あべがー政権め!
 という感じでしょうか>福岡とかの自治体

https://togetter.com/li/1379098

 

韓国企業がダメージ受けとるやんけ

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 7月23日(火)00時03分30秒
   韓国のLCCが予約率の低下で運休ですって。

 つーか、不買もいいけど、相手選べよ、バカか?

 まあ、バカなんですけど。(愛すべきバカ)

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190722-OYT1T50374/

 

メイドラゴン2期が……

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 7月22日(月)23時56分54秒
   いや、そのことは言うまい、ただただ無事を祈っています。  

ブラック業界

 投稿者:如月六日  投稿日:2019年 7月22日(月)19時42分56秒
   と言われるアニメ牛飼いに、それでも夢を追って入ってきた人たちが、気狂いに殺され、夢を絶たれるのはなんともいえない憤りを感じます。
 亡くなった方やご家族荷にはお悔やみを。
 怪我をされた方には1日も早い回復を。

 そして、犯人はなんとか蘇生させ、ありとあらゆる苦痛を与えた上での死を望みます。

 被害者(かも知れない)リストまさかの武本監督の名前まで出てきてしまいました。

https://togetter.com/li/1379098

 

代償の重み(ネタバレ?)

 投稿者:琴鳴  投稿日:2019年 7月20日(土)12時42分48秒
編集済
  「天気の子」で少しだけ引っかかってしまうのは、最後、主人公が払う代償と得たものが
釣り合っていないこと、ですね。

 そこはたぶん、一般ウケするようにボカして、映像の力業で押し切ってしまうという
手法を選んだのだろうし、それはそれで成功していると思いますが、やっぱり
「ハッピーエンドに決まってる感」とあいまって、カタルシスが少ない。

 彼らの再会の代償を払っているのは、実は東京に住んでいる人たち全員というのがオチで、
それを「世界のカタチを変えた」と表現しているのですね。でも、代々住んでいた家を
失っている人もたくさんいて、だから、少しモヤっとします。

 あとは、「観客に応援して貰える恋人同士」の造形に、前作ほどは成功していない
気がします。だから、途中、過剰なほど、周囲の大人たちから虐められる作劇になって
しまっている、と。昭和の泣かせ技法ですね……自分は共感できますけど、若い観客には
通じるかな……

 新海さんが作りたいものって、本当にこれなのかな……?

 やるなら、二人は幸せになりました、でも世界は滅びました、くらい振り切って
ほしかった気もする。
 というか、本来そこまでの想いを貫くはずが、「でも周囲はなんとなく許しました、
だから観ている人たちも許してくれるでしょ」という感じになっているのでモヤモヤ
するのかも……

  
 

レンタル掲示板
/215